”知財事務”思い切って手放してみませんか?

~知財事務アウトソーシングサービス
(特許事務所向け)~

こんなお悩みありませんか?

  • フルタイムの知財事務を採用する余裕はないが、
    スポットで知財事務を手伝ってくれたら、、、
  • 知財事務担当者が、急に辞めることになってしまった、、、
  • 受任件数が増えてきたので知財事務担当者を採用したいが、
    仕事ができる人材を採用できるかどうか自信がない、、、
  • 知財事務担当者が、急に辞めることになってしまった、、、

そのお悩み、知財事務アウトソーシングサービスで解決します!

知財事務スタッフ
採用・育成は不要です!
特許事務所・企業で5年~20年の知財事務経験豊富なスタッフが知財事務をリモートで代行します。あなたご自身で知財事務スタッフの採用・育成をする必要はありません。四法(特・実・意・商)をアウトソースできる”業界初!”のサービスです。※2016年11月16日付日刊工業新聞掲載
業務標準化の第一歩は知財管理システム導入から!
人に依存しない仕事の仕組みは知財管理システムを活用することで作りやすくなります。知的財産権を取得し、恒久的に維持していくには人に依存しないオペレーションが欠かせません。保有件数が少ない段階でシステム導入を行うことが、人的ミスによる権利失効のリスクを低減し、あなたの精神的な負荷軽減につながります。
アウトソースの”型”に当てはめて業務を迅速に切り分け可
知財事務と一口にいっても受任しているクライアントによって対応は各社各様です。ただ、アウトソースに必要な業務切り分けは”型”に当てはめることで簡単に切り分けられます。もちろん、標準サービスにない事務所独自の業務についてはオプションで臨機応変に対応します。お気軽にご相談ください。
アウトソースの”型”に当てはめて業務を迅速に切り分け可
知財事務と一口にいっても受任しているクライアントによって対応は各社各様です。ただ、アウトソースに必要な業務切り分けは”型”に当てはめることで簡単に切り分けられます。もちろん、標準サービスにない事務所独自の業務についてはオプションで臨機応変に対応します。お気軽にご相談ください。

知財事務アウトソーシングサービスを提供する理由

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて「知財事務スタッフ派遣ではなく、リモートで知財事務を対応してもらえないか?」というニーズが増えてきました。そこで、2015年から企業知財部向けに提供してきた知財事務アウトソーシングサービスをカスタマイズして、特許事務所向けに提供することにしました。期限管理に必要なデータ入力や特許庁への提出書類のドラフト作成などはリモートでも十分対応が可能です。特許事務所を経営されている弁理士の方には、できるだけ弁理士の方にしかできない仕事に集中していただきたいという想いでサービスを提供しています。また、弁理士の方が一人で経営している場合、事務処理のやり方が人に依存する傾向があります。そこで、クラウド型管理システムを使用することで、知財事務の標準化ができるようにサポートしています。

アウトソースまでの流れ

Step.1
業務ヒアリング
概算見積のご提示
保有件数の確認、現状の知財管理と理想の知財管理についてヒアリングし、概算見積をご提示します。
Step.2
ご契約
アウトソースサービス仕様書のご提示
アウトソースサービス内容と費用を明記したサービス仕様書(契約書・注文書)をご提示します。
Step.3
業務切り分け
業務運用仕様書(暫定版)のご提示
アウトソースの”型”にそって社内・社外で対応する業務を切り分けます。また、クラウド型管理システム導入後の業務運用シミュレーションをあわせて行います。
Step.4
データ精査
システム投入前の知財データのご提示
知財データの整理番号体系、ファミリー関係の整合性の確認と、管理に必要な知財データの抜け漏れがないようデータ精査を行い、システムへのデータ投入を行います。
Step.5
アウトソースサービスの開始
月次サービス納品物のご提示
知財データの入力、特許庁への提出書類ドラフト作成、包袋登録など、ご契約に基づき週次でサービスを提供します。
Step.2
ご契約
アウトソースサービス仕様書のご提示
アウトソースサービス内容と費用を明記したサービス仕様書(契約書・注文書)をご提示します。

お客様の声

A事務所:アウトソースのきっかけ「派遣からの切り替え」

新型コロナウイルスの影響でこれまで派遣で対応してもらっていたスタッフにオフィスにきてもらうことができなくなった。リモートで対応してもらえないか相談したところ、クラウド型知財管理システムを導入すれば、知財事務を対応してもらえることが分かった。そこで、派遣スタッフにやってもらっていた仕事のうち、リモートでできる仕事を集約してアウトソースすることにした。受任件数も増えてきて知財管理システムを導入したいと思っていた矢先だったため、アウトソースとシステム導入を同時に対応できて一石二鳥で助かった。
VOICE

B事務所:アウトソースのきっかけ「社員退職」

急にベテラン社員が退職することになり困っていた。これまでも知財事務担当にはオフィスではなくリモートで勤務してもらうスタイルを取っていたため、リモートで知財事務を対応してくれるサービスを見つけることができ助かった。すでに社員は退職してしまったが、まだ受任件数が少ないため、今のうちに知財管理システムを導入して人に依存しない仕事の仕組みを作りたいと思っている。
VOICE

B事務所:アウトソースのきっかけ「社員退職」

急にベテラン社員が退職することになり困っていた。これまでも知財事務担当にはオフィスではなくリモートで勤務してもらうスタイルを取っていたため、リモートで知財事務を対応してくれるサービスを見つけることができ助かった。すでに社員は退職してしまったが、まだ受任件数が少ないため、今のうちに知財管理システムを導入して人に依存しない仕事の仕組みを作りたいと思っている。
VOICE

サービス内容および費用

モデルケース
保有件数300件未満
初期費用
A.業務切り分け支援:20万円
B.データ整備:30万円
C.システムセットアップ:10万円
※分割払い可
60万円
月次サービス費用
標準サービス(a~d):14万円
※システム利用料:1万円/月
15万円
保有件数400件未満
初期費用
A.業務切り分け支援:20万円
B.データ整備:50万円
C.システムセットアップ:10万円
※分割払い可
80万円
月次サービス費用
標準サービス(a~d):17万円
※システム利用料:1万円/月
18万円
保有件数500件未満
表示したいテキスト
A.業務切り分け支援:20万円
B.データ整備:80万円
C.システムセットアップ:10万円
※分割払い可
110万円
月次サービス費用
標準サービス(a~d):19万円
※システム利用料:1万円/月
20万円

よくある質問「アウトソースより派遣のほうがよいのでは?」

社内の知財事務をアウトソースするには、
1.クラウド型知財管理システムの導入
2.社内の知財業務の切り分け
が必要になります。この2つのステップは決して楽な作業ではないため、”派遣スタッフを採用したほうが手軽に知財事務を手放せる”そう思ってしまう方がいます。しかし、「知財事務」は法律、各国の制度、特許庁や代理人から発信される書類等覚えることが多く、特殊な事務処理のため、未経験者が即対応できるほど簡単な仕事ではありません。あなたが派遣スタッフの業務をフォローし、チェックし、ときに手直しをしなければなりません。弊社の経験では知財事務の適性があるスタッフは10人中1人の割合のため、派遣スタッフを採用しても適性がなくすぐに辞めてしまうリスクもあります。また、運良く知財事務経験者のある派遣スタッフを見つけることができたとしても、スタッフがこれまで勤務していた事務所とあなたの事務所で仕事のやり方が異なるため、必ずしも採用したスタッフがあなたが期待したレベルのパフォーマンスを出せるとは限りません。多忙を極めるあなたにとって、あなたの時間を拘束されてしまう派遣を選択するか、2ヶ月後にあなたから完全に知財事務を手放せるアウトソースを選択するか、いずれの選択肢があなたにとってベストなのか慎重にご検討ください。

アウトソースと人材派遣の比較

アウトソース成功の秘訣(ダイジェスト版)

~過去に弊社で行ったアウトソース成功の秘訣のセミナー(45分)を8分でご紹介しています~

お問い合わせはこちらから

「知財事務アウトソーシングサービス(事務所向け)」の概算見積・資料請求は下記からお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
※「送信」ボタンを押す前に、必ず下記をお読みください。

お客さまからいただいた個人情報は、お問い合わせ内容への対応のみに利用し、弊社にて適切に管理いたします。
いただいた個人情報をご本人の同意なしに第三者に提供することはありません。

詳しくは【プライバシーポリシー】をお読みください。

プライバシーポリシーに同意のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。